本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違いとは?

本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違いとは?

ネットでインフルエンサーを名乗って情報商材を売ったりサロンに勧誘する人がいます。

インフルエンサーというのは、世間に大きな影響を与える人物のことです。例えば、ホリエモンさんやZOZOの前澤さんなどが有名です。

でも、Twitterなどを見ると、「誰?」というような人までインフルエンサーという肩書で活動していたり、明らかに情報商材をやっている人がインフルエンサーを名乗っていたりします。

マスコミを賑わしている前澤さんのような本物のインフルエンサーとネットの自称インフルエンサーの違いとは何なのでしょうか?

この記事では本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違いを紹介していきます。

スポンサードリンク

本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違い

本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違い

インフルエンサーが本物かどうか考えるためには、インフルエンサーになるための条件を考える必要があります。

インフルエンサーになるための条件は『 インフルエンス=影響』を持っていることですが、どういった人が影響力を持てるのでしょうか?

まずは、世間的な影響力を持っている人について考えてみましょう。

影響力とインフルエンサー

TwitterやInstagramなどのSNSでの注目度が高く、影響力を発揮している人として次のような職業の人が考えられます。

  • 経営者
  • YouTuber
  • アスリート
  • 芸能人
  • ミュージシャン
  • 政治家

こういった人の中でその分野で成果を残して、それが世間に認められている人がインフルエンサーといえるでしょう。

インフルエンサーといえるポイントは『世間に対して影響力がある』かどうかです。

例えば、テレビで活躍している芸能人は、その発言が様々なメディアに取り上げられ、時には炎上しながら、世の中に影響を与えます。ビートたけしさんがテレビで何か発言すると、ネットでも「たけし苦言を呈す」みたいなタイトルでいろんな記事に転用されますよね。

インフルエンサーは芸能人である必要はありませんが、影響力ということを考えると、芸能人を中心としたテレビで活躍している人になってくるでしょう。

また、最近ではヒカキンさんのようなYouTuberも強力な影響力を持っています。ヒカキンさんはテレビにも出演しているので、本物のインフルエンサーだと言えるでしょう。

成功した結果としてインフルエンサーになる

本物のインフルエンサーは特定の分野で成功して、その成功が世間に認められることで結果的に影響力を得ています。

前澤さんならZOZOを成功させたという成果があるし、ヒカキンさんはトップYouTuberになったという成果があります。サッカーの本田選手も同様です。アスリートとしての成功があるから、影響力を持つことができたのです。

何かの分野で成功する→インフルエンサーになる』という因果関係が重要です。

自称インフルエンサーは偽物インフルエンサー

このように考えていくと、インフルエンサーというのは、自分から「私はインフルエンサーです」というものではなく、自然と他人からそう呼ばれるものではないでしょうか。

自称インフルエンサーの人は、自称しているということがすでに矛盾しているのです。つまり、自称インフルエンサーは偽物インフルエンサーです。

本物インフルエンサーは収入自慢をしない

本物インフルエンサーは自分の収入を自慢したりはしません。なぜなら、そんなことをしなくても影響力を発揮できているからです。

インフルエンサーは成功した結果として影響力を持つので、収入自慢なんかする必要はありません。

一方、偽物インフルエンサーはどうでしょうか。Twitterに「月収○○万」とか書いてみたり、YouTubeの動画概要欄や動画タイトルに「月収□□万」とか書いてみたりしていることもあります。

収入でフォロワーや登録者を増やすことを、本物インフルエンサーの人はやりません。つまり、「月収××万」のようなアピールをしている自称インフルエンサーはもれなく偽物インフルエンサーです。

インフルエンサーになりたい人にしか影響を与えない偽物インフルエンサー

結局、偽物インフルエンサーというのは、インフルエンサーになりたい人たちにしか影響力を発揮できません

そして、インフルエンサーになりたい人に情報商材を売ったりサロンに勧誘したりして収入を伸ばし、その収入を自慢してさらにフォロワーや登録者を増やしていくのです。

例えば、ヒカキンさんが『人気YouTuberのなり方』とかいう情報商材を売ったら、みんななんて思うでしょうか?「おいおい、ちょっとそれはないんじゃない?」って思うでしょう。

偽物インフルエンサーはこういうことを平気でやってしまうんですよね。結果として信用をなくしてしまうわけです。

信用がないと長期的に稼ぎ続けることはムリです。フォローしてくれている人やお金を払ってくれている人に対する感謝の気持ちがないと、ビジネスとしても長続きしないんです。

まとめ:本物と偽物の違い

本物インフルエンサーと偽物インフルエンサーの違いをまとめます。

  • 本物は実社会で成功して、世間から認められている
  • 本物は自分をインフルエンサーだと言わない
  • 本物はインフルエンサーになりたくてなったわけではない
  • 本物は情報商材やサロンで稼がない
  • 本物は長続きする

インフルエンサーになんかなれないし、金儲けは簡単じゃない

インフルエンサーになんかなれないし、金儲けは簡単じゃない

インフルエンサーになりたい人って有名になって楽にお金を稼ぎたい人が多いです。インフルエンサーになれば、みんなから注目されて、自分の紹介するものが売れるようになって・・・みたいなことを想像しているんでしょう。

でもね、冷静になって考えれば、そんな上手い話なんてないです。もっと地道に努力していかないと・・・ね。

何度も書きますが、インフルエンサーなんてなろうと思ってなるものじゃないんですね。何かで成功したから影響力を持ってインフルエンサーと呼ばれる人になるわけです。

影響力があるかどうかは自分で決めることではなくて、周りの人が決めることです

だから、「インフルエンサーになりたい」なんていう考えがそもそもの間違いなんです。

インフルエンサーになったからお金を稼げるようになるんじゃなくて、成功してお金を稼げるようになったから、インフルエンサーを呼ばれるようになるという順番なんです。

成果を出せば周囲の人は認めてくれるし、そのためには実践しかない

成果を出せば周囲の人は認めてくれるし、そのためには実践しかない

情報商材を買ったり、オンラインサロンに入っても、あなたの周りの人はあなたを認めてはくれないでしょう。それは、成果を出していないからです。

成果というのはいろいろありますが、自分でビジネスをやって利益を上げることが最も現実的な方法です。アフィリエイトでも物販でもリアルビジネスでも何でもいいんですが、とにかく成果を出さないと周囲の人から認めてもらうことは難しいでしょう。

ただし、成果を上げたからといって、自分から収入を言う必要はありません。ちゃんと自立して商売をしているというところだけで、周りの見る目は変わります。

そして、成果を上げるには実践するしかないんです。でも、インフルエンサーになりたがる人って実践とか努力が嫌いなんですよね。それは、成功者の『今』の姿しか見ていないから。

アフィリエイトでも物販でも月100万とか稼いでいる人はそれなりの作業量をこなしているし、外注やスタッフさんを雇っていても、マネージメントに四苦八苦してます。

人生を変えたかったら、自分の習慣を変えて、努力するようにもっていくしかないんです。結果は後からついてくる!!

以上です。

ここまで読んでくれた人は読みにくい文章にイライラしたと思います。最後に乃木坂46のインフルエンサーを聞いてスッキリしちゃいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)