動画初心者がPowerDirector17を使ってみたら簡単にYouTube動画が作れた

YouTubeの動画を編集するために『PowerDirector17 ULTRA』をAmazonで買いました。買ったのはパッケージ版です。

動画編集にはFilmoreというソフトを使っていたのですが、僕の持っているのはバージョンが古くて縦動画が編集できないので、新しいソフトを買うことにしたんです。

新しい動画編集ソフトはどれにしようか迷ったんですが、縦動画を編集できるということと、評判が良いということから、PowerDirector17にしたんです。

それで、PowerDirector17を使ってYouTube用の新しい動画を作ってみたんですが、このソフトはすごく使いやすいです

ということで、僕がPowerDirector17を使ってみた感想を紹介したいと思います。

購入しようか迷っている人の参考になればと思います。

スポンサードリンク

PowerDirector17ならやりたいことがすぐにできる

初心者が動画編集でやりたいと思うことって大体同じなんですよね。

例えば

  • トリミング
  • 早送り
  • スローモーション
  • 字幕
  • タイトル付け
  • トランジション
  • エフェクト
  • アニメーション

などです。

PowerDirectorにはこれらの機能が備わっていて、簡単な操作で編集できるようになっています

操作は直感的にできるようになっているので、画面を見ればだいたいわかるようになっています。

操作はマウスを使って行うことが多く、キーボードはあまり使わない感じです。

パッケージ版ではマニュアルが付いてくるので、わからないときはマニュアルを読めばOKです

字幕機能が便利すぎる

いろいろなことがすぐにできるようになっているPowerDirector17ですが、中でも字幕機能が便利すぎて嬉しいです。

字幕毎に書式を変えることができるのが最大のお気に入りポイントです。

また、逆に全ての字幕に同じ書式を適用することもボタン1つでできます。

僕のように声出し&顔出しをしていない動画投稿者は字幕で感情を表現するしかないのですが、字幕機能が優秀なおかげで表現の幅が広がっています

初心者でも2時間もあれば動画編集できる

僕がPowerDirector17で最初に作った動画がこれです。

おもちゃで遊ぶ動画なんですが、2時間くらいの編集で完成させることができました。

初めてPowerDirectorを使って動画を作ったのに、2時間しかかからなかったということに、僕は結構驚いています。

正直、編集のテクニックはまだまだといった感じですが、これくらいのものは初心者でもすぐに作れるるんです。

やりたいことがすぐに実現できるので、初心者でもすぐに作りたい動画ができるんですね。

PowerDirector17は縦動画も編集できる

元々は縦動画の編集がやりたくてPowerDirector17を購入したんですね。

縦動画を編集するには、設定で動画のアスペクト比を9:16に選択するだけです

そうすれば、9:16の動画をそのまま編集できます。

次の動画はPowerDirector17で編集したソシャゲのガチャ動画になります。

動画のお尻を切って(トリミングして)字幕を入れただけですが、作業時間は30分くらいです。慣れれば、もっと短時間でもできるようになるでしょう。

ただし、僕のスマホで録画した動画をそのままPowerDirector17で編集すると音質や画質が乱れるので、一旦スマホ版のPowerDirectorで処理をしてから、PCに取り込んでいます。

>>PowerDirectorで縦動画を編集&出力すると音質や画質が乱れるときの対策【Android】

PowerDirector17にはアップグレード版もある

PowerDirectorってアップグレード版もあるんですよね。

古いバージョンを使っていても、アップグレード版を購入すれば、最新のバージョンにすることができるんです

僕が購入したPowerDirector17 ULTRAの通常版は12,980円ですが、アップグレードなら8,480円です。つまり、アップグレードの方が安いです。

PowerDirectorを使い続けていくのなら、アップグレードはかなりお得だと言えます。

PowerDirector17の少し残念なところ

まだ、全ての機能を使ったわけではないのですが、使ってみて「これはちょっと…」って思ったこともあるので紹介します。

それは、タイトルの作成機能です。

タイトルは一応きちんとしたものが作れるのですが、タイトルの背景に好きな画像を使うことができないということが残念な点です。

ただし、タイトル用のテンプレートを取り込んで使うことができるので、そこにオリジナルの画像を使うことで背景を変えることができるのではと思います。

僕の場合、タイトルの機能は使わないで、画像ファイルを読み込んでタイトルの代わりとして使っています

まとめ:PowerDirector17は初心者に最適

PowerDirector17の紹介は以上になります。

使ってみた感じではかなり初心者が使いやすいようになっています。

これから動画を編集したいという人には本気でオススメできます

YouTube向けの動画を編集するなら十分すぎる性能を持っているソフトですね。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)