N国党立花孝志さんに関連する情報商材(RELプログラム)があるらしい

N国党立花孝志さんに関連する情報商材(RELプログラム)があるらしい

どうも、アンチ情報商材ブロガーのX(えっくす)です。

なんかN国党の立花孝志さんに関連する情報商材があるというので、確認してみました。

その名はズバリ『RELプログラム』です。

今回はこのRELプログラムについて調査してみました。

スポンサードリンク

N国党立花孝志さん愛用のRELプログラムとは?

販売しているサイト( n国応援.com)によると、立花さんが30年以上前から使用しているとのことです。

ちなみに、YouTube界隈でも話題になっていて、有名YouTuberが批評しています。

↓はしょばい起業で有名なえらてんさんです。

N国支持者をターゲットにした情報商材ですね。

立花さんのTwitterでも公言されているので、立花さんが使っていたというのはガチのようです。

値段は498,000円というかなり高額な価格です。

僕は以前の記事で、立花さんは情報商材屋さんみたいだと揶揄したことがありますが、結果的に情報商材の広告塔のようになってしまうとは…。

N国党の立花孝志代表が信用できないこれだけの理由
ども、ブロガーのX(エックス)です。 7月21日は参院選でしたね。 みなさんは選挙に行きましたか? 僕はもちろん...

で、この情報商材についてですが、よくある自己啓発系の情報商材です。

ネットで稼ぐ系の情報商材とは少し毛色が違っているので、情報商材だと思わない人もいるかもしれません。

でも、これは情報商材だと言っていいと思います。

  • 高額
  • 情弱狙い
  • 自己啓発系

情報商材の3点セットがみごとに揃った、混じりっけなしの情報商材です。

このRELプログラムですが、アフィリエイトの紹介料などは不明です。

販売ページでも紹介制となっているので、一般のアフィリエイターが紹介できるものではないのかもしれません。

Googleで『RELプログラム』で検索するとトップででてくるのが、被害者の書き込みと思われるページです。

98年夏に当時20歳の友人が怪しい自己啓発セミナー&マルチまがいにはまり、2回もそのセミナー(個人宅での説明)に連れて行かれました。
最初に30万円程度の受講料でホテルでの合宿セミナー受けて、アメリカで成功した日本人(私は知らない人だったけど)の本や話のテープを聞き、その後は中古車や携帯電話を回りの人に紹介すればお金が入ってくる、とものすごく怪しげなことを言ってました。
どういう仕組みでお金が入るのか?と聞いたら、複雑なので説明できないとのこと。
もう破綻したかもしれませんが、本社は岡山市だったと思います。

http://www.sos-file.com/sossos/r_rel.htm

1998年の出来事のようなので、20年以上前から存在しているものみたいです。

当時はネットも今のように普及していなかったでしょうし、情報商材なんて言葉もなかったでしょう。

なので、マルチや怪しい自己啓発セミナーというジャンルだったのかもしれません。

立花さんのTwitterでも岡山の会社と書かれていたので、この書き込みはRELプログラムのことだとみて間違いなさそうです。

この岡山にあったという会社ですが、今は確認することができませんでした。

ネットで調べても出てこないんですね。

ちなみに、REL合同会社という企業のホームページはヒットしますが、RELプログラムとは関係なさそうな感じです。
※リユース事業(買取)などをやっているようです。

というわけで、今のところわかっているのは、次のことになります。

  • RELプログラムという自己啓発系の情報商材がある
  • N国党党首の立花孝志さんが使っていた
  • 販売している会社などはわかっていない

情報商材の手口は変わらない

有名人を広告塔のように利用して販売するというのは、情報商材の典型的な手口です。

RELプログラムの場合は、立花さんのTwitterで利用していたということが公言されたので、その発言を利用している人がいるのかもしれません。

結果的に広告塔のようになっているという感じです。

別の記事でも書いていますが、情報商材というのは基本的には信用しない方がいいです。

情報商材を購入してうまくいった人を僕は知らないので…。

という感じで、N国党党首立花孝志さんが使っていたという情報商材RELプログラムについての記事でした。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)